マシンルームを備えた小さなi-cube

家族で使うパソコンルームを備えた30坪の家を計画中です。9歳の子ども(D君)はレゴ人形で時々写真に登場します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家のi-cube・1歳を迎えました

昨年の引き渡しから今日で丸1年が経ちました。今日の大雨を見ると、梅雨時期の引っ越しだったことが思い出されます。小物を自力で運びこむ作業を何度も何度もやって疲労困憊していました。

一年を振り返りたいと思います。
1年経ちましたが、入居したらやろうと楽しみに計画していた作業(DIYなど)のうちの3つが手つかずのままです。

1年でできたこと
①庭にあった一条オプションの立水洗に”ガーデンパン”をDIY
②ちっこい花壇をDIY
③庭に組み立てタイプの人工木ウッドデッキを設置
④リビングのサッシにロールスクリーンを取り付けた
⑤2階の各部屋にカーテンを取り付けた
⑥玄関のシューズボックス脇に飾棚をDIY
⑦押入れ(Zタイプ)に収納棚をDIY
⑧2階洗面台正面にを設置
⑨2次外構(造園)実施 *業者さんにお任せ
サンシェードをウッドデッキ上に取り付けた

サンシェード

これは室内の温度上昇を抑えるのに、かなり効果ありと思います。大成功!


⑪テレビを”壁つけTV”にした
 
 最後の”壁つけTV”ですが、、、

マンションで暮らしていた時のシャープの液晶TVは9年使用していたので引っ越しのタイミングで買い替えてもよかったのですが、私は電気製品を大切にする人なので、『電化製品は壊れない限り10年は使う』という取り決めが私の中にあります(笑)。
そして先週、10年が経過した液晶TVとTV台を2階に移し(まだ壊れていないので)、新しくシャープの4Kテレビを購入しました。
壁つけTVにするべく、我が家のTV設置場所には一条さんにお願いして壁下地を入れてもらっていたので、壁つけにする気マンマンだったのですが、、、
取り付け作業に4万円ほどかかるらしく、、、、
自分で取り付ければ壁つけ金具代の1万4千円で済むのですが、壁の裏側に情報ボックスが埋め込まれていて、コード類が壁の内側にどっちゃりあり、ねじ入れが怖い、、

散々悩んだのですが、残念ながら、、、 壁つけ風”TVになりました

壁つけ風TV


これは壁寄せTVスタンドという商品でして、壁つけ金具代の1万4千円と同額です。壁つけにした方がすっきりしますが、スタンドにしたことで首振りができること、TVの場所を移動できること、TV裏に外付けHDを設置できる などの利点があります。
でも正直、壁つけにできなかった(しなかった)のは悔しいです。

入居したらやろうと思っていたこと、こうやって書き並べてみると、結構頑張った1年だったのかもしれません。
やろうと思っていたのに手つかずで1年経過してしまったことは3つあります。

一年でできなかったこと
①玄関ホールに鏡を設置すること
  シューズボックスの扉を開ければ一条標準の姿見があります。しかし、子どもはシューズボックスなど開けることもなく、鏡をみることもなく寝ぐせ頭のまま学校へ出かけていきます
玄関ホールの鏡付け、急がねばなりません。

②階段下収納にクロスを張ること。
③階段下収納に棚をDIY

住んでいると、まだまだ増えそうですね。
 
スポンサーサイト

我が家の建物評価額が判明

Corgiです。昨年11月に床暖をOnにしたころの外気温になってきたのでようやく24時間床暖をOffにしました。
ひょっとしてOffにするのがすごく遅かったのでしょうか? 普通はOffにしたとたん足元が冷たく感じるとかあるのでしょうけど、まったく違和感なしです。いや、むしろ日差しで暑い。もっと早く停止すれば良かった ヽ(;▽;)ノ

さて、本題です。2,3週間前に納税通知書が届きました。
昨年6月に新居が完成しましたので、納税元年です。これから何十年も納税していかなければいけないので、金額は低いに越したことはありません。
家屋の固定資産税評価額の(私の)予想値900万円に対して、実際の評価額は911万円でした。
家屋分の納税額は15.5万円のようです。
長期優良住宅の固定資産税減額措置の適用期間が5年間なので、最初の5年間は建物の固定資産税のみ1/2となり、9.1万円に減額されます。
家屋の納税額15.5万円に土地の納税分も加えると、5年後からは30万円の納税をしなければいけません。納税額だけ見ればとても高額に思えます。
しかし、以前のマンションに引き続き住み続けた場合は、駐車場代24万円+管理費12.8万円+納税9.2万円で年間46万円の出費が必要ですから、戸建ての方が安いです。

我が家の基本情報は、
・一条のi-cube
・延床面積101.78平方メートル、30.78坪の2階建て
・太陽光パネル搭載容量:11.48KW
・認定長期優良住宅
・特に高額なオプションなし
・所在地:神奈川県・川崎市
です。

家屋の課税評価額:911万円という結果はほぼ予想通りでしたが、通知が来るまでは結構ドキドキでした。
長期優良住宅の不動産取得税は、(固定資産税評価額-1300)x0.03で計算されますから、1300万円を超えると取得税の納税も必要となります。結果的には笑っちゃう程、1300万円に届かなかったですね。

この建物評価額を決めるために、昨年の9月に調査員さんがやってきました。図面を細かくみながら、システムキッチンや洗面台の横幅を実測していました。サイズで家の評価ポイントが上がるそうです。2階にも洗面台があると言うと、「それはすごいですね、ポイントがあがるのですよ」、と言っていました(2台目の洗面台なんて付けなきゃよかったと本気で後悔しました)。最後に一条で標準に取り付けられる家具をチェックして、これは良い木材ですねとおっしゃるので、「いえいえ、ただの合板ですよ、ほらMDFとか合板、パーティクル ボードって書いてありますから」と言うと、ようやくグレードの低い家だと気づいたようで、即座に帰っていかれました(笑)

クローゼット裏に貼ってあったシールを剥がさずにいて本当に良かったです。シールのおかげで正しく低評価(;д;)をしてもらえたように思います。

材質

新しく家を建てられた方は、調査員さんがこられるまで、シールは貼っておいた方がよいかもしれませんよー。

2次外構(造園)を終えて思うこと

Corgiです。
2次外構(主に造園)を行いました。
昨年6月後半に入居してからの9ヶ月間、我が家の庭には草木が一本もありませんでした。シンボルツリーでさえ、ネットで色々調べていたら時間ばかりかかってしまい、なかなか決まりませんでした。
しかし今年の2月に入り、シンボルツリー候補をハイノキ、ヤマボウシ、アオダモの3つに絞ってから近所の大型園芸店で実物を見たら、一発で心が決まりました。
常緑ヤマボウシをみると葉が茶色くなっていて、常緑なのに紅葉しているように見えたのでお店の人に紅葉しているんですかって聞いたのです。

私:     『紅葉した葉はいつ落ちるのですか?』
お店の人:『冬場は葉が落ちずに茶色く変わります』 
私:     『で、この茶色い葉はいつ落ちるのですか?』
お店の人:『春になると茶色から緑に色が変わります』
私:     『ええっー、緑に戻るんですかぁ~』

ということで、私はその不思議な木が気に入ってしまいました。シンボルツリーは常緑ヤマボウシに決定です。
そしてもう一本、子どもがお風呂に浮かべると言ってうるさいのでユズも植えることになりました。

一次外構工事をお願いした業者さんに見積もりをお願いしたら、あっという間に日程も決まり、先日完成しました。植栽だけでなくウッドデッキのフェンスの工事もお願いしたので、そちらの方のデザインはもっと考えたかったのですが、4月は業者さんの仕事が詰まっているらしく、慌ただしく3月前半に工事が終わりました。

花壇工事前です(2階から撮影)↓。シンボルツリーのためにサークルストーンを設置していました。

サークルストーン植栽前


レンガで花壇を造ってもらい、ユズと常緑ヤマボウシの他に下草も20種類ほど植えていただきました。
工事後です↓。

花壇(植栽後)


そして、フェンスの方の、工事前は↓

フェンス設置前


工事後です↓。

フェンス設置後


フェンスはタカショーのモクプラフェンス(スクエアタイプ)です。見た感じは木そのものです。花壇の水遣りがあるので、木製や人工木よりも樹脂製で正解だったと思います。家の外壁とフェンスの支柱には、シェード用のフックを取り付けていただいたので、夏はシェードを設置します。
こんなの↓をイメージしていますが、実際は野暮ったくなりそうです。(写真はタカショーさんからお借りしました)

シェード


2次外構を終えて思うことは、ダイニングから見える位置に花壇があったら良かったなーと。
南側の一段高い土地に隣の家がそびえ立っていて、南側に設けた庭には冬場の日差しゼロと分かっていたので、花壇なんて無理って思っていました。でも、夏場だけでも花が咲くならそれをダイニングから眺められたら良かったと今は思います。折角の草花ですが見るのは水遣りのときだけです。うーん、残念ですが仕方ないですね。

《悪かった点》 ・第2位 ・・・湿気がこもる

前回のレポートに書いたとおり、一枚だけ引き違い網戸のメッシュサイズを18から24に張り替えたので、虫の侵入具合を毎日チェックしています。羽アリはまだ発生していないのでわかりませんが、24メッシュでも小さい虫(ショウジョウバエ??)は侵入できるようです。網戸とガラス戸の間に2,3匹入っていました。引越し前に住んでいたマンションでもこの虫はたまに家の中で見かけていました。イラっとはしますが我慢できるレベルの虫です。

引き続き、住んでみて判った悪かった点 をレポートします。

住んでみて判った《悪かった点》 ・第2位 ・・・湿気がこもる

夏場、キッチンでお湯を沸かしたり、煮物をしたり、食洗機を動かして蒸気を発生させたあとの、湿気が屋外に出ていきません。ロスガードとエアコンを稼働している状態です。それでは室内の湿度が80%からなかなか下回りません。室温28度でも、湿度が80%を超えている状態だと蒸し暑くて苦しく感じます。蒸気を発生させる時には忘れずに換気扇を回すべきなんでしょうね。しかし、うちの食洗機とレンジフードは2mほど離れており、レンジフードから食洗機の蒸気を外に追い出す効果は低そうです。我が家には除湿機がありますが除湿機を回すと熱風がでてきて使う気もしないので、今年の夏は1階のエアコンの除湿モードをうまく使えないか再度試してみるつもりです。
だめなら1階は除湿モードにし、2階のエアコンを冷房で稼働して吹き抜けから1階に冷風を落としてみようかとも思っています。しかし、夏場の電気代が気になりますね。

住んでみて悪かった点の第3位以下は、軽い愚痴程度のことなので、ざっと列挙しまーす。

①排気扇が階段上がったところの天井にあって、イスに乗ってフィルター交換するときに階段からころがり落ちるような気がして怖い。 70歳過ぎたらやりたくない。
又、冷蔵庫の背面上部に通気口(レンジ上の換気扇を回したときの給気用)があって、そのフィルター交換が大変。
 当然、高めの脚立に乗っての作業です。間取り検討時にキッチンの通気口フィルターの交換も要りますよって教えて欲しかったよ~

憎っくきタレ壁のおかげで吹き抜けの窓からの光がダイニングまで届かない。結果、ダイニングは昼間でも照明が必要になってしまった。

③天井のクロスの色が引渡し当初から変色していた。どうせそのうち変色すると思えば我慢できるが。

④浴室のカウンターは不要だと思うのだけど、標準でついている。しかしカウンターがあるがためにカウンターの下面やカウンターの下側にある壁や床の掃除をしようにも体勢がきつくて十分な掃除ができない。

浴室カウンター


ここまで書いてから、柄のついた掃除ブラシを使えばいいじゃない? と思い早速買ってきて使ってみたが、柄がある分だけ力がブラシまで到達せず手首がすごく疲れた。柄のついたブラシはカウンター下専用としよう。

⑤吹き抜けの2階部分に設置した窓の木枠に積もった埃の掃除が大変。
 最近、高めの脚立を購入してようやく掃除ができるようになったが、70歳を超えても脚立に乗れるのか不安。

吹き抜け窓


⑥家の外壁に取り付けられている太陽光発電のパワーコンディショナーの塗装(白)がすぐに汚くなる。せっかく家の外壁がハイドロテクトタイルで綺麗な状況がキープできるだけに残念。しかも、それは前面道路からよく見える場所に取り付けられている。
ついでに言うと、パワーコンディショナーには、一条工務店と書かれたシールが貼られていて、一条の広告のようにも感じる。一条契約会社の電気業者さんがエアコン室外機工事のために来てくれた時に聞いてみたら、『一条で建てられたみなさんは、シールを剥がしてお住まいのようです』、と言っていた。一年たったら剥がそうと思う。

以上、どうでもいいことでしたね(^^)

悪かった点(第一位)・・・網戸から小さな虫が侵入

Corgiです。
今回から、住んでみて判った《悪かった点》をレポートします。

住んでみて判った《悪かった点》・第1位  ・・・網戸から小さな虫が侵入

我慢できないこと第1位。それは網戸の網目や隙間から小さな虫が入ってくることです。夏の夕方には、ふと気づくと200匹以上の羽アリが入っていました。網戸の網目サイズは標準のようです。1インチ(2.54cm)に何本張られているかでみると、

網戸18メッシュ

18本の線があったので、一般的な”18メッシュ”を一条は採用しているようです。でも網を監視していた私の目の前で小さな羽アリが網を好き勝手にすり抜けていました。それを目撃したときは衝撃的でした。18メッシュでは蚊はすり抜けられないのだそうです。でも羽アリが楽勝で入ってきます・・・ そうです、こんなやつが・・・(虫が苦手の方はここでお戻りください



(o゚□゚)o≪≪≪ワアァァァァァァッ!!



キャ━━━d(○`□´○)b━━━!!




キャ━(´ェ`)━!!!



ぅ(@゚Д゚)@。Д。)わぁぁぁ~~~~ッ!!!!!!




( ゚Д゚)キャァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!




羽アリ


又、前日の晩に網戸の外側に張り付いていたてんとう虫が朝には網戸の内側に移動していることもありました。排水用の小さな穴があったので、そこはテープで塞いであります。どこか他にも隙間があるんでしょうね。
営業さんには、オプションでもいいから網目の小さい網戸を選べたらよかったと言ったら、社内で報告しておきますと言っていました。

網戸の張替えを業者さんに見積もってもらいましたら、一番大きな掃き出し窓の網戸(高さ220cm)を24メッシュに張り替えてもらう費用が3500円でした。我が家には大小合わせて6枚の網戸があり、24メッシュへの張替えで1万7千円だそうです。もっと細かい30メッシュでも2万1千円程度だそうです。安いと思えるか高いと思うかは必要度によりますよね? 虫が大嫌いな私にはとても安く感じましたよ。
とりあえず24メッシュで防虫できるのか実験的に一枚だけを24メッシュに張り替えてもらいましたので、5月くらいまで様子見です。すり抜けて虫が入ってくるなら30メッシュにすべて張り替えます。

しかーし、一番の問題はロール網戸の張替えが無理っぽいことなのです。監督さんにメールしたら、張替えは行っていないし全体を交換するにしても細かいメッシュは用意していないという残念な回答でした。
監督さんのメールには、防虫スプレーを網戸に吹き付けておくのはどうでしょう と書かれていましたが、昨年の夏に試してみて、ダメでした。

結局、今考えているのは、どうしても風を入れたい開き窓1箇所に、遮光スクリーンもしくは遮光カーテンをつけて家の明かりを遮断して、虫が集まらないようにすることです。遮光カーテンが効果なし、もしくは通風が悪ければ、内側に小さな引き違い網戸を木枠で手作りしますっ!!
次のページ>

プロフィール

Corgi

Author:Corgi
2015年6月からi-cubeで暮らしています。小学4年男子と夫と私(corgi)の3人で暮らす小さなお家について綴っていきます。

読者登録フォーム



提供:PINGOO!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。